一閑人交趾宝尽し(青) マグカップ

¥ 6,480 税込

商品コード: 318 12 02

窯元: 武内秀峰

数量

【楽只苑オリジナル商品】

柄は、小槌や巻物(経典)の古来より使われている「宝物」を全体にあしらった「宝尽し(たからづくし)」というおめでたい柄で覆っています。
この宝尽し柄だけならば、ただおめでたいだけですが、取っ手の向かい側に唐子の人形が付けられています。これは「一閑人」と言われる装飾技法で、京焼にはよく用いられる技法です。由来は、器で閑を取る(休憩する)人と言う説や、暇(閑)過ぎて器にくっついたなど色々ありますが、どの説にしても作り手の遊び心が生み出した装飾技法です。

ご自宅用には勿論、大切な方への贈り物にもどうぞ。
※急遽在庫切れの場合がございます。その際は制作に約1ヶ月頂く場合がございます。ご了承下さい。