楽只苑

商品紹介
HOME > 商品紹介 > マグカップ

マグカップ

  • 矢野碧黄石 造【桝色小紋(ますいろこもん)】 ~京都の伝統とモダンの融合~

    矢野碧黄石 造【桝色小紋(ますいろこもん)】

    釉薬(器表面のガラス質の膜)の下に描かれた「下絵」と釉薬の上に描かれた「上絵」の技法を組み合わせ、細密に描かれた小紋柄が表面を埋め尽くしています。
    全ての柄を、職人が一つ一つ手描きし、手間と時間をかけて作り上げました。柄の一つ一つは、古来より使われているものが多いですが、配置や色合わせ、全体の構成を工夫することにより、今までに無い新しい器になりました。「伝統を磨き上げ、新しいものを作り上げる」これこそが京都の工芸の一つの答えかもしれません。
    ご購入はコチラ>>

  • 倉元光抱 造【染付七宝山水(そめつけしっぽうさんすい)】 ~シンプルの中にある職人の仕事~

    倉元光抱 造【染付七宝山水(そめつけしっぽうさんすい)】

    藍色の絵付けと磁器の白さだけの、ぱっと見はシンプルな造りですが、絵付けは職人が一筆一筆手描きをし、生地は使いやすさを追求し、腰の部分の削いだ所も型で取ったのではなく、一本ずつ削り出しています。
    さりげない所に、手をかける。技術を誇るのではなく、わかりにくい所に手間を入れる。これこそが職人の「粋」です。取っ手も、女性にも持ちやすいように工夫され、口の部分も薄過ぎず、厚過ぎず、口当たりが良いように考えられた造りになっています。
    ご購入はコチラ>>

  • 武内秀峰 造【一閑人交趾宝尽し(いっかんじんこうちたからづくし)】 ~吉祥紋と遊び心~

    武内秀峰 造【一閑人交趾宝尽し(いっかんじんこうちたからづくし)】

    柄は、小槌や巻物(経典)の古来より使われている「宝物」を全体にあしらった「宝尽し(たからづくし)」というおめでたい柄で覆っています。
    この宝尽し柄だけならば、ただおめでたいだけですが、取っ手の向かい側に唐子の人形が付けられています。これは「一閑人」と言われる装飾技法で、京焼にはよく用いられる技法です。由来は、器で閑を取る(休憩する)人と言う説や、暇(閑)過ぎて器にくっついたなど色々ありますが、どの説にしても作り手の遊び心が生み出した装飾技法です。
    ご購入はコチラ>>

  • 富田玉凰 造【花詰(はなづめ)】 ~存在感の中にある味わい深さ~

    富田玉凰 造【花詰(はなづめ)】

    全面に、花の絵を描き詰めてあります。赤と緑の花は、あえて抽象的に描くことで、四季を通じて年中ご使用いただけるように工夫しました。ざっくりとした絵ですが、独特の存在感があり、かつ主張しすぎない絵で、インテリアにも上手に溶け込んで、丁度よいアクセントとなってくれます。
    ご購入はコチラ>>