楽只苑

商品紹介
HOME > 商品紹介 > 茶碗と湯呑

茶碗と湯呑

  • 矢野碧黄石 造【桝色小紋(ますいろこもん)】 ~京都の伝統とモダンの融合~

    矢野碧黄石 造【桝色小紋(ますいろこもん)】

    釉薬(器表面のガラス質の膜)の下に描かれた「下絵」と釉薬の上に描かれた「上絵」の技法を組み合わせ、細密に描かれた小紋柄が表面を埋め尽くしています。
    全ての柄を、職人が一つ一つ手描きし、手間と時間をかけて作り上げました。柄の一つ一つは、古来より使われているものが多いですが、配置や色合わせ、全体の構成を工夫することにより、今までに無い新しい器になりました。
    「伝統を磨き上げ、新しいものを作り上げる」これこそが京都の工芸の一つの答えなのかもしれません。
    ご購入はコチラ>>

  • 馬場京泉 造【青黄濃山水花紋(あおきだみさんすいはなもん)】 ~京都らしさと職人の手仕事~

    馬場京泉 造【青黄濃山水花紋(あおきだみさんすいはなもん)】

    これぞ京焼・清水焼という一品かもしれません。
    技巧を凝らした生地作り、染付(下絵)の重厚な色合い、色絵(上絵)の色鮮やかさ。形状、絵付等京都らしい仕上がりです。使い勝手もよく、作り手の気持ちだけでなく、使う人の気持ちも考え、持ち具合、口を付けた時の心地よさ、使わない時に置いておくだけでも、感じる存在感。「伝統を打ち壊すだけでなく、伝統を守り続ける。」これも京都の魅力です。
    ご購入はコチラ>>

  • 高島洸春 造【交趾六瓢(こうちむびょう)】 ~京都の技術と言葉遊び~

    高島洸春 造【交趾六瓢(こうちむびょう)】

    器の表面に彩色する際は、上絵を用いることが殆どですが、これは「交趾(こうち)」という独特な技法を用いられます。中国から伝来した技法ですが、現在では本家の中国でもあまり見られず、日本においても主な生産地が京都のみという、珍しい技法です。

    柄は、瓢箪を六つあしらい、六瓢(むびょう)は「無病」につながるとの言葉遊びから、
    吉祥柄として喜ばれます。
    この様な言葉遊びは、京都に限らず全国にもありますが、特に京都は、馬が九頭歩いてる絵を描き「馬九行く(うまくいく)」のような言葉遊びが多いのも特徴です。
    ご購入はコチラ>>

  • 坂口嘉豊 造【麦わら手(むぎわらで)】 ~使う人への心遣いと使いやすさ~

    坂口嘉豊 造【麦わら手(むぎわらで)】

    細い縦線を器に描き詰めたものを「十草(とくさ)模様」と言いますが、細線と太線を交互に描いたものを「麦わら手」と呼びます。
    一見単純で簡単な柄に見えますが、等間隔に一定の筆圧で描いていくのは、まさに職人技と言えます。シンプルですが、シンプルが故に様々な場面(和室や洋室、慶事や弔事等)に合わせやすく、けれども、無地のものや単色のものとは違い、無愛想にならない「丁度いい塩梅」の柄かもしれません。生地作り自体も、薄過ぎず、厚過ぎず、ご飯やお茶を入れた時に、丁度いい重さになるように計算され、作り手本位ではなく、使う人のこと、使うときのことを考えて作られた一品です。
    ご購入はコチラ>>